業務内容
風俗営業許可

風俗営業とは


 「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(以下、風営法と呼ぶ。)の趣旨

 風営法の趣旨として、「善良の風俗と清浄な風俗環境の保持及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止が法の目的であることを明らかに
 するとともに、風俗営業は業務の適正化を通じてその健全化を図るべき営業であることを明確にし、風俗営業が適正に営まれている場合でも
 取締りの対象であるかのような誤解を与えることのないようにしたものである。」とされています。


風俗営業と性風俗関連特殊営業


 風俗営業については、許可制。性風俗関連特殊営業については、届出制になっています。


風営法における用語の定義


 接待について
  1.接待の定義
   「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をいう。
  2.接待の主体
   接待を行うのは、営業者やその従業員に限られず、料理店で芸者が接待する場合、旅館・ホテル等でバンケットクラブのホステスが接待する
   場合、営業者との明示又は黙示の契約・了解のもとに客を装った者が接待する場合等を含み、女給、仲居、接待婦等その名称のいかんを
   問うものではない。また、接待は、通常異性によることが多いが、それに限られるものではない。
  3.接待の具体的判断基準
   (1) 談笑・お酌等
    特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為は接待に当たる。
    これに対して、お酌をしたり水割りを作るが速やかにその場を立ち去る行為、客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に
    応じて酒類等を提供するだけの行為及びこれらに付随して社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為は、
    接待に当たらない。
   (2) 踊り等
    特定少数の客に対して、専らその客の用に供している客室又は客室内の区画された場所において、歌舞音楽、ダンス、ショウ等を見性、
    又は聞かせる行為は接待に当たる。
    これに対して、ホテルのディナーショウのように不特定多数の客に対し、同時に、踊り、ダンス、ショウ等を見せ、又は歌若しくは楽器の
    演奏を聞かせる行為は、接待に当たらない。
   (3) 歌唱等
    特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくはほめはやす
    行為、又は客と一緒に歌う行為は、接待に当たる。
    これに対して、客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことを勧奨し、又は不特定の客の歌に対し拍手をし、若しくはほめはやす
    行為、不特定の客からカラオケの準備の依頼を受ける行為又は歌の伴奏のため楽器を演奏する行為等は、接待には当たらない。
   (4) 遊戯等
    客とともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為は、接待に当たる。
    これに対して、客一人で又は客同士で、遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為は直ちに接待に当たるとはいえない。
   (5) その他
    客と体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為は、接待に当たる。ただし、社交儀礼上の握手、酔客の介抱のため必要な
    限度で接触する等の行為は、接待に当たらない。
    また、客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為も接待に当たる。
    これに対して、単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為、客の荷物、コート等を預かる行為等は、接待に当たらない。

 遊興について
  1.「遊興をさせる」の定義
   営業者側の積極的な行為によって客に遊び興じさせること
  2.「客に遊興させること」に該当する具体的行為
    ”堝団蠡真瑤竜劼鵬痢▲瀬鵐后▲轡腑Α演芸、映画その他の興行等を見せる行為
   ◆\献丱鵐匹留藾嫖を客に聞かせる行為
    のど自慢大会等客の参加する遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
  3.カラオケの使用等
   スポットライト、ステージ、ビデオモニター又は譜面台等の舞台装置を設けて不特定の客に使用させる行為、不特定の客に歌うことを
   勧奨する行為、不特定の客の歌をほめはやす行為等が「客に遊興をさせること」に当たるが、不特定の客が自分から歌うことを要望した
   場合に、マイクや歌詞カードを手渡し、又はカラオケ装置を作動させる行為等はこれに当たらない。


風俗営業の種類


 風俗営業の種類については、風営法第2条各号において定められています。

 第1号
  キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業

  営業の種類   キャバレー

  営業の態様等  接待+遊興+飲食+ダンス

  構造上の規制等 照度 5ルクス超
           客室の床面積 1室66岼幣紂覆Δ船瀬鵐紘分5分の1以上)

 第2号
  待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

  営業の種類   料理店等(和風)
           カフェー等(和風以外)

  営業の態様等  接待+遊興+飲食

  構造上の規制等 <料理店等(和風)>
           照度 5ルクス超
           客室の床面積 1室9.5岼幣紂1室のみの場合はこの限りでない)

           <カフェー等(和風以外)>
           照度 5ルクス超
           客室の床面積 1室16.5岼幣紂1室のみの場合はこの限りでない)

 第3号
  ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(第一号に該当する営業を除く。)

  営業の種類   ナイトクラブ等

  営業の態様等  遊興+飲食+ダンス

  構造上の規制等 照度 5ルクス超
           客室の床面積 1室66岼幣紂覆Δ船瀬鵐紘分5分の1以上)

 第4号
  ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(第一号若しくは前号に該当する営業又は客にダンスを教授するための営業のうち
  ダンスを教授する者(政令で定めるダンスの教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者
  として政令で定める者に限る。)が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)

  営業の種類   ダンスホール等

  営業の態様等  ダンス

  構造上の規制等 照度 10ルクス超
           客室の床面積 ダンスをさせるための教室1室66岼幣

 第5号
  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った客席における照度を10ルクス
  以下として営むもの(第一号から第三号までに掲げる営業として営むものを除く。)

  営業の種類   低照度飲食店(喫茶店、バー等)

  営業の態様等  遊興+飲食

  構造上の規制等 照度 5ルクス超10ルクス以下
           客室の床面積 1室5岼幣

 第6号
  喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である
  客席を設けて営むもの

  営業の種類   区画席飲食店(喫茶店、バー等)

  営業の態様等  遊興+飲食

  構造上の規制等 照度 10ルクス超
           客室の床面積 1室5岼焚

 第7号
  まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊戯をさせる営業

  営業の種類   まあじゃん屋
           ぱちんこ屋等

  営業の態様等  まあじゃん屋 (遊戯の結果に応じ賞品を提供することの禁止)
           ぱちんこ屋等 (遊戯の結果に応じ客に賞品を提供して遊戯をさせる営業)

  構造上の規制等 照度 10ルクス超
           設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊戯をさせる営業

 第8号
  スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊戯設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊戯に用いることができるもの
  (国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに
  随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊戯設備により客に遊戯をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)

  営業の種類   ゲームセンター等

  営業の態様等  テレビゲーム機等の遊戯設備により客に遊技をさせる営業

  構造上の規制等 照度 10ルクス超
           店舗その他これに類する区画された施設


許可の要件


 風俗営業許可の要件は、主に構造・設備要件、地域・区域要件、人的要件に分けられます。

  構造・設備要件
   風俗営業の種類のところで少し書いていますが、その他設備に関しても防音設備や、見通しを妨げる設備を置かないことなど様々な要件が
   あります。

  地域的要件
   徳島県内の以下の地域に関しては禁止されています。
   ・第一種、第二種低層住居専用地域
   ・第一種、第二種中高層住居専用地域
   ・第一種、第二種住居地域、準住居地域(一部を除く)
   ・次の団地、金沢団地、丈六団地、東急しらさぎ台、竜王団地、北島グリーンタウン、松茂第二団地、鍋川団地、光風台、中喜来団地

  区域規制
   次の区域内では禁止されています。
   1号〜6号営業に関して
    ・学校等{学校(大学を除く)、図書館、児童福祉施設}の敷地周囲100m{村(平成16年以降の合併により市町に吸収された村を
     含む。)は20m}
    ・病院等{病院及び診療所(無床を除く)}の敷地の周囲20m
   7号(ぱちんこ屋等)営業については
    ・学校等及び病院等の敷地の周囲100mの区域内で禁止
   7号(まあじゃん屋)〜8号営業に関して
    ・学校等及び病院等の敷地の周囲20mの区域内では禁止
 
   ※徳島市栄町一丁目及び鷹匠町一丁目、徳島市秋田町一〜二丁目、紺屋町、栄町二丁目、富田町一〜二丁目、両国橋については、学校等及び
    病院等は適用されません。

  人的要件
   風営法第4条に細かく規定されています。


深夜酒類提供飲食店営業届出


 深夜においても、酒類の提供をする場合は、深夜酒類提供飲食店営業の届出をする必要があります。

  営業の態様等  遊興+飲食(深夜0時以降は禁止)

  構造上の規制等 照度 20ルクス超
           客室の床面積 1室9.5岼幣紂 1室のみの場合は、この限りでない)

  地域規制    住居集合地域は禁止


報酬額


※下記の報酬表の中には、証紙・登録免許税などの実費は含まれていません。実費は別途請求させていただきます。
※ご依頼をいただく際には、事前に当該事案に係る料金、お支払い方法についてご説明させていただきます。

 2号〜3号、5号〜6号営業許可
  料理店等、カフェー等、ナイトクラブ等、低照度飲食店(喫茶店、バー等)、
  区画席飲食店(喫茶店、バー等)                                報酬額      138,000円
 7号営業許可
  まあじゃん屋


 深夜酒類提供飲食店営業届出                                   報酬額      68,000円
リンク
ブログ
プライバシーポリシー